FC2ブログ

兵庫県認知神経リハビリテーション研究会

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

認知運動療法とは何か

この問いに僕が答えるのは大変難しいが、あえていうなら

「諦めることのない、患者思いの類い希なる有能なイタリア人医師と
常識の枠だけで物事を判断しない、勉学と臨床現場に真摯に向き合うセラピストたちが
今なお、構築し続けているリハビリテーションに関する知識と治療」である。

僕は20年ほど前(学生時代)に、認知運動療法に出会ったが、正直よくわからない。
色々な書籍、論文、ベーシックコース、アドバンスコース、マスターコースへの参加、
その後も、アカデミアや地域の勉強会などに参加し、多くの人と意見交換した。

なんとなく、わかりかけそうになると、わからない部分が明確化し、
その部分を理解しようと取り組んで、先が見えそうになった矢先に、
イタリア(もしくは高知)から新しい情報が発信され、またわからなくなる。
こういった繰り返しをずっとしている感じである。

まだ、認知運動療法の核心(コア)や本質(エッセンス)はつかんでいないだろうが
この20年で相当な患者に対する見方、考え方は、激変したことが何度かある。
そして、自分自身の成長を感じている。認知運動療法に対する関心はつきない。

こんなことを書くと、取っつきにくくなるかもしれないが、
飛び込んでいただくと得られるものは多いと思う。

是非、勉強会に参加して多くのものを得ていただけたらと思う。

次回から、初学者でも理解しやすいように
認知過程(知覚、注意、記憶、判断、言語)・イメージ・知覚仮説などの
認知運動療法のエッセンスを解説していきたいと思います。


村上@姫路獨協大学
スポンサーサイト

| 教員の勉強部屋 | 15:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hyougoetc.blog.fc2.com/tb.php/11-05f55c32

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。